トイレの水漏れを解決する

トイレの写真
ある日突然発生する水漏れ
例えば「給水パイプの接続部分からの水漏れが起きた」や 「便器と床の間から水が漏れてきた」といったトラブルは、ある日突然起こります。言うまでもなくトイレは毎日の生活に欠かせない場所ですから、もしそれが使えないとなってしまったら・・・。ご自分で何とかしようと考えるよりも、専門家への依頼が根本的な解決への確実かつ一番の早道です。

トイレの水漏れの原因と対処法

水漏れの原因はほとんどが部品の老朽化や経年劣化

  • トイレの給水パイプや、便器と床の間からの水漏れは、ずばり水漏れが起きないように使用されている部品の経年劣化によって起こります。例えば水を流すパイプそのものが劣化して穴が空いてしまった。あるいはパイプの接続部分に使用される水漏れ防止パッキンが劣化してしまい水を食い止められなくなったなどがあります。また、床と便器の間から水が漏れてきた場合はパイプやパッキンの可能性以外に便器自体のひび割れが起きているケースもありえます。
  • これらの事態が起きてしまった場合、まず止水栓を閉めることで、水漏れが止まることがありますので、業者さんへのSOSの前に試してみてください。止水栓は建物の敷地内や給水管などに近い地面に、長方形の蓋がされた状態で設置されています。いざという時に備え、普段から場所を把握しておきましょう。 ただし、この処置をしても止まらない場合もあります。その場合は速やかに業者さんへ連絡しましょう。また、この処置はあくまで戸建住宅の場合です。集合住宅の場合は他の世帯の水道が使えなくなる場合がありますので注意が必要です。

知っておきたい!トイレの水漏れを予防する方法

定期的な点検と部品交換で水漏れ予防

  • トイレの水漏れはほとんどが部品の劣化に起因するものですので、使い方に気をつけることで予防できるという性質のものではありません。根本的な予防を行うには、定期的に業者さんによる点検を受け、劣化の兆候が見られる部品はトラブルが起きる前に予め新品に交換するというのが唯一かつ究極の予防法ということになります。 ただし、トイレタンクの水漏れに関してはこの限りではなく、ご自分でできる予防法もあります。詳しくは該当ページをご覧ください。

どうしても自分で直せない場合は

  • そもそものお話として、トイレの水漏れを一般の方がご自分で直すのは困難です。専門知識を学び必要な部品を取り揃えてあれば不可能ではありませんが、そこまで奇特な方はなかなかいらっしゃらないことでしょう。「餅は餅屋」のことわざ通り、プロの業者さんへの依頼が賢明です。原因を的確に究明し、パッキンや部品などを手際よく交換してくれます。便器のひび割れのケースの場合は応急処置の上で、便器自体の交換を提案するというのが一般的です。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ