台所の水漏れを解決する

キッチン・台所の写真
台所まわりの水漏れ、その理由は・・・
毎日の食事を生み出す場所であるキッチン周りの水漏れは、大きく分けると、蛇口まわりとハイプまわりの2系統になります。そしてポタポタと少しずつ漏れている場合と、勢いよく漏れてしまう場合の2タイプにも分けられます。

いずれにせよご家族に美味しいご飯を提供するのに覚束なくなってしまう状況ですので、早急な対処が求められますね。完璧を求めるなら、やはり専門家への速やかな依頼が一番です。

台所の水漏れの原因と対処法

一番多いのは、パッキンの老朽化

  • 蛇口をしっかり閉めているのに、ポタポタと水が垂れてくるようであれば、内部のパッキンが老朽化している可能性大です。もうひとつはゴミなどの異物が内部部品やシール部分などに入り込んでしまうケース。これも水漏れの原因となります。
    一方、蛇口の根元や上水/排水パイプなどから水が漏れる場合は、蛇口や各パイプ自体の老朽化が考えられます。長年使うことで内部が錆びてしまい、水漏れが起きるケースはしばしば起こっているのです。加えてパイプの接続部分からの水漏れも発生頻度が高いと言えるでしょう。
    これらの部品は永遠に使えるというものではなく耐用年数があり、概ね10年程度で交換すべきものなのです。
  • これらの内、一般の方が出来る対処としては、ポタポタ漏れている場合のパッキン交換です。ただし最近蛇口はデザイン的に凝ったものも多く、簡単に分解できない構造のものも多くなっています。機械いじりが好きな方などであれば上手に行えるかもしれませんが、自信がない方は手を出さない方がよいかもしれません。 逆に、水が勢いよく漏れ出して来た場合は、直ちに止水栓を閉めてみてください。業者さんが到着するまでの間の水漏れを止められる可能性があります。止水栓は建物の敷地内や給水管などの近くの地面に、長方形の蓋がされた状態で設置されています。いざという時に備え、普段から場所を把握しておきましょう。

知っておきたい!台所の水漏れを予防する方法

力任せに閉めると、逆効果

  • 先に述べましたとおり台所まわりの水漏れは、パッキンや内部部品、パイプ自体の老朽化で起こるため、予防法としてはさほど選択肢はありません。だだし、ひとつ実践できることとしては、蛇口を閉める際に、力いっぱい強く締めすぎないというのがあります。力いっぱい閉めてしまうとパッキンや内部部品に余計な圧力がかかるため、却って寿命を縮めてしまうからです。この点はぜひ、今日から実行してみてください。

どうしても自分で直せない場合は

  • 台所まわりの水漏れで一般の方が出来そうなのは蛇口のパッキン交換ですが、それでさえも近年のスタイリッシュで複雑な構造をもつ蛇口の場合は避けた方が無難です。下手に触らず、プロの業者さんへの依頼が賢明です。原因を的確に究明し、パッキンや部品などを素早く交換してくれます。蛇口ユニットや上水/排水パイプ自体が老朽化している場合は交換を提案してくれるはずです。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ