水道・蛇口の水漏れを解決する

水滴が落ちている蛇口
蛇口の水漏は、大まかに2種
普段お使いの蛇口で発生する水漏れは、大きく分けると、蛇口を閉めても水がキチンと止まらないタイプと、本来水が出る所ではない、蛇口の根元などから漏れるタイプの2種類が存在します。どちらも水漏れであることに変わりはありませんが、その事象が発生する原因はやや異なっています。ここではその概要をご紹介するとともの、どのように対処すべきかをお伝えしていきたいと思います。

水道・蛇口の水漏れの原因と対処法

パッキン/部品の問題か、蛇口自体の老朽化か

  • 蛇口を閉めてもポタポタと水が垂れてくる。そのような場合は蛇口の内部にあるパッキン、あるいは部品などの老朽化の可能性が大です。そもそものお話として、これらは言わば消耗品であり、耐用年数が来たら交換して然るべき部品なのです。
    一方、蛇口の根元など本来の給水口ではない場所から水が漏れてきた場合は、蛇口そのものが老朽化してしまっていることが考えられます。そうなってしまったら、もはや猶予はありません。蛇口のユニットそのものを交換する必要があります。
  • パッキンの交換は、従来からあるタイプの蛇口であれば、一般の方でもそう難しいことではありません。しかし、主流となりつつあるスタイリッシュなデザインのものは構造も複雑になっており、専門的な知識も必要になりますので、無闇にご自分で行うべきではありません。 蛇口の交換についても然り。専門知識があり専用工具なども取り揃えているという奇特な方はともかく、一般の方がご自分で行うべきではありません。それこそ、より状況を悪化させてしまう可能性が大だからです。

知っておきたい!水道・蛇口の水漏れを予防する方法

万全を期すならば、定期点検とメンテナンス

  • 蛇口からの水漏れを防ぐ手立てとしては、前述のパッキンなどの消耗部品を適切なタイミングで交換していき、また蛇口本体そのものの寿命をキチンと見極め、限界に達する前に交換するということに尽きます。そのためには、プロの業者さんによる点検が不可欠です。例えば一年に一度といった頻度で点検を依頼し、必要に応じて適宜交換をしてもらうのが最善策と言えます。 また普段から出来ることとしては、蛇口を閉める際に力任せに強く締めすぎないというのがあります。強く締めすぎてしまうと、その分パッキンや部品の消耗を早めてしまいます。

どうしても自分で直せない場合は

  • 蛇口の水漏れで一般の方が出来そうなのは、従来タイプの比較的構造が単純な蛇口のパッキン交換です。しかし、近年のスタイリッシュで複雑な構造をもつ蛇口の場合にはご自分では手を出さない方が賢明です。却って状態を悪化させてしまう恐れがあります。ちゃんとしたプロの業者さんへ依頼すべきです。水漏れ原因を的確に究明し、パッキンや部品などを適宜交換してくれます。蛇口自体が老朽化している場合は交換を提案してくれるはずです。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ