風呂の水漏れを解決する

お風呂の写真
お風呂場は水漏れの宝庫(?)
湯船への給湯蛇口や、シャワーヘッド、カランの蛇口、シャワーとカランの切り替えレバーなどなど。お風呂には様々な給湯機器が密集しているため、それぞれに水漏れが起きる可能性があります。そして台所などと同じく、水漏れの多くはパッキンや内部部品、あるいは機器や器具の老朽化によって起こるケースが大半です。
一日の汚れを落とし心身をリフレッシュする場所が使えないとなると、がっかり感は大きくなってしまいます。適切な対処による速やかな復旧には、やはり専門家への依頼がベストです。

風呂の水漏れの原因と対処法

パッキン、各器具、配管の老朽化が主原因

  • 例えばシャワーヘッドの根元からの水漏れは、シャワーワヘッドあるいは接続ホースの老朽化が考えられ、給湯蛇口からのポタポタ漏れは、蛇口内部のパッキンが老朽化しているといった具合です。また、ゴミなどの異物が内部部品やシール部分などに入り込んでしまっている可能性もあります。
    一方、本来の給湯口ではない、給水パイプの根元などから勢いよく水漏れが起こるといった症状は、パイプ自体が老朽化などによって穴が開いたということが考えられます。こちらのケースはより事態は深刻と言えます。
    そもそも、蛇口内部に配置されているパッキンや各部品、配管ハイプ、各種器具などは永遠に使えるというものではなく耐用年数があり、概ね10年程度で交換すべきものなのです。
  • これらの内、例えばシャワーヘッドの破損であれば、交換は一般の方にもさほど難しいものではありません。しかしパッキンの交換などは手を出さない方が無難です。ご存知のとおり、お風呂場の蛇口は温度調整機能など複雑な構造となっているからです。また、水が勢いよく漏れ出して来た場合は、直ちに止水栓を閉めてみてください。業者さんが到着するまでの間の水漏れを止められる可能性があります。止水栓は建物の敷地内や給水管などの近くの地面に、長方形の蓋がされた状態で設置されています。いざという時に備え、普段から場所を把握しておきましょう。

知っておきたい!風呂の水漏れを予防する方法

定期的な点検と消耗部品交換が効果的

  • 先に述べましたとおりお風呂場台の水漏れは、パッキンや内部部品、パイプ自体の老朽化で起こるため、これらが寿命を迎える前に適宜交換するというのが最適です。そのためにはやはり、プロの業者さんにお願いすべきです。例えば、1年に一回位のペースで点検を行い必要に応じて部品交換を行えば、突然の水漏れが起こるリスクは大きく低減するはずです。
    もうひとつ、日頃から実践できることとしては、蛇口を閉める際に、力いっぱい強く締めすぎないというのがあります。力いっぱい閉めてしまうとパッキンや内部部品に余計な圧力がかかるため、却って寿命を縮めてしまうからです。

どうしても自分で直せない場合は

  • お風呂場まわりの水漏れで一般の方が出来そうなのは、シャワーヘッドの交換位です。風呂場の蛇口は温度調整機能など複雑な構造となっており、配管もいろいろと入り組んでいます。パッキン交換などは、一般の方が無理して行おうとすると、却って症状を悪化させてしまう可能性大です。ここは冷静に、プロの業者さんへの依頼が賢明です。原因を究明して、パッキンや部品などを的確に交換してくれます。蛇口ユニットや上水/排水パイプ自体が老朽化している場合は交換を提案してくれるはずです。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ