洗面台のつまりを解決する

水が出ている洗面台
「排水が流れにくくなった」と感じたら
手洗い、洗顔、歯磨き、そして女性ならメイク落とし、男性ならヒゲ剃りといった具合に毎日使う洗面台。それ故に気が付きにくいのですが、「排水が流れにくくなった」あるいは「ゴボゴボ音がする」などは、洗面台の排水パイプがつまりかけているサインです。「スムーズじゃないけど流れているからまあいいか」と考えていると、深刻な事態がある日突然やってくることも・・・。早め早めに適切な処置を行いましょう。

洗面台のつまりの原因と対処法

主な原因は毛髪や石鹸カスなど

  • 洗面台の下を通っている排水管のつまりは、主に毛髪や石鹸カスなどが管の内側にへばりついてしまうことで起こります。もちろん歯磨き剤や整髪料、落とした化粧品、ヒゲなども含まれます。またこれらが詰まる箇所は多くの場合、「トラップ」という排水管がアルファベットのUと逆さのUを上下繋ぎ合わせたようなカタチになっているところで起こります。このトラップは本来、悪臭やネズミ、虫などが上ってくるのを防ぐための水たまりを作っておくために設けられている部位です。しかし、流しきれなかった毛髪や石鹸カス、その他がこの部分に堆積してしまうと、つまりの原因となるわけです。流れにくい異音がするなどは、その予兆に他なりません。
  • 普段の生活でできる対応策としてはやはり、洗面台を使用したら十分に水を流すということにつきます。ついつい「水道代がもったいない」と思ってしまいがちですが、それこそ30秒程度水を流すだけけで、大きな効果が得られるはずです。洗面台が使えなくなる不便を予防するという考えで行えば、決して高くはないと言えるはずです。また、石鹸カスや毛髪が洗面台の内側に流れず残っている場合は、流すのではなくティッシュなどで拭き取ってゴミとして捨てるという方法もあります。かと言って決して神経質になる必要はありません。出来る範囲でやってみましょう。

知っておきたい!洗面台のつまりを予防する方法

排水管を洗浄する薬剤を定期的に使用

  • 先に述べました通り、洗面台を使用したあとは水を多めに流す、流れていないカスは拭き取るといった対策以外にご自身でできることは、やはり排水管を洗浄する薬剤を使用することです。ドラッグストアやホームセンターなどに行けば、この類の薬剤が市販されていて簡単に入手できます。よりよい効果を望むのであれば、定期的に使用するのがよいでしょう。1ヶ月ないし3ヶ月に1度位行なっていれば、かなりの確率でつまりを予防できるはずです。もちろん普段から、洗面台の使用後は水を多めに流すことも、ぜひ習慣づけてください。

どうしても自分で直せない場合は

  • 排水が逆流してきてしまい、洗浄剤を使用しても問題が解決しない、という事態となった場合はやはりプロの業者さんの出番です。ワイヤーにより排水管内部の汚れを取り除くトーラーという工具や高圧洗浄機など、専用器具を駆使して、パイプの内側にこびりついてしまった物質を除去してくれます。またプロの業者さんであれば、前述の「トラップ」の不具合や排水管自体の老朽化などが起こっていないかなどもチェックしてもらえます。これらの作業はさすがに一般の方では難しいことですので、「餅は餅屋」の諺通り、プロの業者さんにお願いした方が賢明です。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ