トイレのつまりを解決する

トイレの写真
毎日必要な場所だから、一刻も早く解決
トイレがつまってしまって流れない・・・この事態は決して大げさな物言いではなく、それこそ日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。市販のゴム製ポンプなどでつまりがとれる場合もあります。しかしそれ以上のことは下手にご自分で手を出すと「生兵法は大怪我の元」のことわざ通り、却って深刻なトラブルになることも・・・。根本的な解決にはやはり専門家への依頼が確実かつ一番の早道です。

トイレのつまりの原因と対処法

一番多い原因は、意外にもトイレットペーパー

  • トイレのつまりの原因で一番多いのは、実はトイレットペーパーです。本来であれば簡単にはつまりませんが、例えば小さいお子さんが適切な分量を分からず大量に流してしまうといった原因が考えられます。
    またトイレットペーパーの代用として、ティッシュやその他の紙はトイレットペーパーよりも水に溶けにくいため、やはりつまりの原因になってしまいます。次いで多い原因は異物を誤って流してしまった場合。言うまでもなく、かさばるものほど詰まってしまう可能性大です。
    これらはご自宅のトイレの使用方法に起因するものですが、そのほか外的要因として、排水溝や排水枡の溢れ・下水や排水管の詰まりなどもあります。
  • トイレのつまりが起きてしまった場合、水を何回も流すことは逆効果です。汚水が溢れてきてしまうなど、よりひどい事態を招きかねません。まずゴム製ポンプがあればそれを使って、つまりを解消できるか試してみましょう。また、ドラッグストアなどで売っているパイプのつまりを溶かす薬剤を使用してみる方法もあります。

知っておきたい!トイレのつまりを予防する方法

トイレットペーパーは適量、異物には細心の注意

  • イレのつまりを予防するには、当たり前の話しですが、トイレットペーパーを流しすぎないことと、異物を誤って流さないように注意することにつきます。例えばお腹の調子が悪いなどトイレットペーパーを多めに使用する場合は、2回に分けてながすなどの工夫を。 異物に関しては、不要なものを個室に持ち込まない。というだけで、だいぶ予防につながります。また男性の場合はズボンのお尻ポケットに入れているものが落下、女性の場合は生理用品を誤って落下という点にも気をつけるようにしてください。また愛煙家の方がやってしまいがちなタバコの吸殻を流すというのも厳禁です。

どうしても自分で直せない場合は

  • 先に述べたゴム製ポンプや、つまりを取る市販の薬剤を使用しても問題が解決しない場合は、やはりプロの業者さんに依頼すべきです。これ以上の作業をご自分で行なおうとすると、却ってトラブルが深刻化する場合もありえるからです。一般人には困難な作業も、プロの業者さんであれば専用の機器や器具を駆使して適切に処理してくれるはずです。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ