排水のつまりを解決する

排水管を修理しているところ
排水が流れないだけではなく、悪臭の原因にも
排水のつまりというものには、排水そのものが流れないというトラブルはもちろんですが、悪臭の原因というもうひとつのやっかいなトラブルも引き起こしてしまいます。これはトイレ、キッチン、お風呂、洗面所、そして洗濯機の排水口など、すべてに共通します。場所によって原因は多少ことなりますが、詰まったことにより悪臭を発するのは共通しています。その原因と対策を探っていきましょう。

排水のつまりの原因と対処法

流しきれない異物の堆積=つまり

  • 端的に言ってしまいますと、排水パイプが詰まってしまう原因というのは、ほぼ共通しています。排水に含まれる異物が流しきれずに排水管内にとどまり、それが堆積していって、ついには排水管を塞いでしまうのです。例えばキッチンであれば油汚れや食材カス、お風呂場であれば毛髪や石鹸カス、湯垢といった具合です。また誤って排水口に固形物を落としてしまい、それが原因となってしまうことも珍しくありません。
    そしてつまりが最も起こり安いのが、トラップという箇所です。排水ハイプがアルファベットのUと逆のUを組み合わせたような形状になっていて、悪臭や虫などが上がってこないようにするための場所です。
  • 日常でできる対処法としては、普段から排水を流す際には、水を多めに流して異物がなるべく堆積しないようにすることが大切です。また、出来る範囲で異物が流れないようにするのも有効です。例えば排水口に固形物のゴミをキャッチする網やネットを取り付けたり、流れていないカスは流さず拭き取るといった対応を行うことで、つまりが発生してしまう確率をかなり下げることができます。トイレの場合は、何よりトイレットペーパーを一度にたくさん流さないことにつきます。どうしても多く使う場合は2回に分けるなどの対応をしてください。

知っておきたい!排水のつまりを予防する方法

市販の薬剤で、排水のつまりを改善

  • 排水のつまりをご自分で改善する方法としては、つまりを除去する市販の薬剤を使用するという方法があります。トイレタリー用品メーカーや製薬メーカーなどから、用途別(場所別)に各種製品が出ていますので、ご自宅のトラブルが起きている箇所に合わせて適したものを選ぶと良いでしょう。ドラッグストアやホームセンター、スーパーの日用品売り場なので簡単に入手できます。
    また、例えば1ヶ月~3ヶ月程度に1度といった具合に定期的な使用を行うことで、排水のつまりを予防できる確率は大きく高まります。

どうしても自分で直せない場合は

  • 市販薬剤を使用してもつまりが改善しない場合、あるいは、つまりは改善したけれども悪臭が取れない場合などは、プロの業者さんに依頼することをおすすめします。プロの業で、一般人では手のつけられない状況にも対応してくれます。例えば高圧洗浄機や専用の器具などを駆使して市販薬剤では除去できないつまりを改善してくれたり、一般の方では見当もつかない悪臭の原因をつきとめ対応してくれます。また排水管自体の老朽化などもチェックしてもらえますので安心です。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ