風呂のつまりを解決する

お風呂の写真
浴槽、洗い場、2つのつまりに要注意
身体の汚れを落とすでけでなく一日の疲れを癒し心身ともにリフレッシュする場所であるお風呂。しかし、この場所も浴槽と洗い場、2つのつまりが起こる可能性をはらんでいます。
さっぱりしようとしている所につまりのトラブルが起きてしまったら、がっかり感は相当なもの。しっかりと予防対策を行うとともに、不具合を感じたらプロの業者さんに助けを求めてください。

風呂のつまりの原因と対処法

最大の要因は毛髪、次いで湯垢や石鹸カスなど

  • お風呂の排水を流すパイプがつまってしまう一番大きな原因はやはり毛髪です。人間の髪の毛はいわゆる薄毛の方でなくても、普通にシャンプーするだけで数十本が抜け落ちていると言われます。また湯垢や洗い流したシャンプー、石鹸カスなども然り。これらが塊となって堆積してしまうことで、つまりが起きてしまうというメカニズムになっています。また、お風呂場の場合には異物を誤って流してしまうことも原因のひとつ。例えばカミソリの刃やシャンプー容器の蓋、入浴剤の袋など。
    シャワーを浴びている際に、排水が追いつかず水たまりができやすくなってきたら、軽度から中度のつまりが起きている可能性が大きいと言えるでしょう。
  • 普段の生活でできる対応策としてはやはり、お風呂場を使用したら排水口に水を十分に流すことでしょう。それこそタオルで身体を拭いている間は水を流しておく位でよいでしょう。また排水口に異物が流れるのを食い止める網やネットなどを活用するのも有効です。前述の毛髪や湯垢、石鹸カスなどはもちろん、異物が流れてしまうのも防いでくれます。流さないで済むものを流さないことで、つまりを防止できる確率は格段にアップしますのでぜひ活用してみてください。ドラッグストアやホームセンターなどで入手できます。

知っておきたい!風呂のつまりを予防する方法

つまり除去の薬剤使用を習慣化

  • 前述のお風呂上がりには水を多めに流す、汚れや毛髪、異物を食い止める網やネットを使用する以外にできるつまりの予防策としては、排水管にヘドロ状に堆積したつまり物質を除去する薬剤を使用することに尽きます。トイレタリー製品メーカー各社から様々な製品が出ていますので、ドラッグストアやホームセンターなどで入手できます。

    できれば1ヶ月ないし3ヶ月に1度位使用するように習慣化してしまいましょう。つまりを予防できる確率はかなり高まるはずです。もちろん排水口のネット使用や水を流す対策を並行して行うことをおすすめします。

どうしても自分で直せない場合は

  • 上記対策を行なっても状況改善されない時は専門業者さんへ依頼しましょう。お風呂場(洗い場)の排水口自体が複雑な形状となっている場合が多く、分解して清掃する必要があります。一般の方が手を出すと却って高くつくケースもありますので、プロにおまかせすべきです。

    業者はトーラー(ワイヤーにより排水管内部の汚れを取り除く工具)や高圧洗浄機などを駆使して、パイプの内側にこびりついてしまった物質を除去してくれます。一般の方には判断が難しい排水管自体の老朽化などもチェックしてもらえます。もうひとつ、業者さんによっては浴槽のタイル目地の黒カビ除去なども請け負ってくれますので、ついでに頼んでしまうのが合理的です。

水道屋さん総合ランキングを見る

水道屋さん総合ランキング

ページトップへ